音程ガイド作成 - ボイトレ、バイオリン、管楽器の練習に


クマさんのボイトレアプリ - バイオリン、管楽器の音程練習にも!

 

クマさんの音程ガイド作成 - ボイトレ、バイオリン、管楽器の練習に
クマさんのボイトレアプリ - バイオリン、管楽器の練習にも!
 
無料
 

シフティング練習のための音程ガイド


数年前に作ったシフティング練習のためのアプリです。音程が悪いなぁーと思ったときによく使っていました。
このアプリを使えば簡単にピアノのガイド音を出すことができます。

最初の一小節目はガイド音に合わせてシフティング移動します。二回目は覚えたガイド音をイメージしてシフティング練習することで音感を養えるようになっています。

自作アプリの中で個人的に一番使っていたアプリかもしれません。
しかし最近はこのアプリを使っていません。チューナーについている発振器を使ってシフティング練習をすることにしています。

f:id:araemonz:20170831123627j:image

例えばG線を1の指だけで練習します。テンポは40〜60くらいでゆっくり。Gis - A - A - Gisと言った感じです。その際にチューナーの発振器でAの音を出します。
音程が取れたらGis - B - B - Gisと言った感じでGisを中心に半音づつ上げていきます。同じく発振器ではBの音を出します。
同様に続けてGis - Fis - Fis - Gisまで行ったら、今度はAを中心に同じことを繰り返していきます。最後はF - Fis - Fis - Fとなりますね。ものすごく時間がかかりますが、これを終えたあとはびっくりするほど音程が良くなっていることを実感できます。
チューナーの発振器を使った練習方法の良いところは長2度や長3度などでも純正律でハモった感じがつかめることです。一つのガイド音を聴いて相対的にGisの音を決めて行くといった感じでしょうか?
実はレッスンで先生にチューナーの発振器を使った練習方法を教えてもらいました。しかし当時の自分にはハードルが高すぎて、ガイド無しでGisの音を取ることに不安を抱いていたものでした。そんな経緯がありこのアプリを作ったのですね。
楽器を始めたばかりの方にはこのアプリが役立つこともあるかと思いますので参考にしてみてください。

iPhone、iPadだけでなくAndroid版も公開中です。Shiftingで検索してみてください。